電子機器のような精密機器などにも使えるフッ素コーティングの防湿

半導体と水滴

フッ素コーティング剤で防湿効果!様々な製品に利用されています

葉っぱに滴る水

スマートフォンやパソコンなどの精密機械は湿度や水分に弱いものの、日常で湿度から常にそういった精密機器を守るのは不可能に近いでしょう。しかし、そのような精密機器には防湿剤によって防湿されています。防湿剤と言っても種類はいくつかあります。その種類とは、シリコン系、アクリル・ウレタン系、フッ素系の4種類です。電子回路などの精密機器のような物には、より薄くコーティングできる防湿剤が向いています。またフッ素系のコーティング剤はより薄い皮膜で覆うことが出来ます。フッ素コーティングのさらなる特長として塗布後の乾燥時間が短いという事が有ります。塗布から完成まで乾燥が短い事で生産性もあがります。そして引火性がないので、安心して作業が出来、作業する人の負担が少ないというのも大きな特長です。電子部品だけでなく繊維や革製品の撥水効果、小型のモーターのオイルバリア効果、樹脂付着防止効果、ガラス表面の防汚効果なども有ります。また塗布の方法も浸潤させる、刷毛塗りしたあと常温で乾燥させるだけなので非常に扱いすくなっています。防湿剤はこのような効果を持っているためさまざまな場面で利用されています。製造現場での作業効率アップには欠かせないものなので一度利用してみてはいかがでしょうか。

防湿の役割もあるフッ素コーティング剤のメリット

フッ素コーティングのメリットの中に、除湿があります。フッ素コーティングは、湿気や水分があることによって劣化や破損が心配な時に有効です。用途や使用状況に合わせて防湿材が使われていますが、フッ素でできた防湿コーティング剤は、様々な分野で使用されています。フッ素コーティング剤は常温で使用できるため、防湿性能だけでなく、他の機能も優れているので扱いやすく重宝されています。プリント基板に使われることも増えてきました。
フッ素の撥水被膜は、防湿コートの役目をします。防湿コートをすることで、腐食の原因となる水分や湿度から守ることができます。高湿度環境で使用することになる電子部品や、屋外に設置されているエアコンの室外機などの電子部品などにも広く使用されています。
例えば、スマホなどのモバイル機器の基板保護です。フッ素コーティング剤による膜はとても薄く、数ミクロン程度でも効果を発揮します。フッ素コーティング剤を使用しても重さが変わったり、厚みが増えるなどあまり心配はありません。雨や汗、水がかかった時などトラブルから守ることができます。
さらに、搭載されているリチウム電池が何らかの理由で電解液の漏洩がおきてしまっても、フッ素コーティング剤が基板回路を保護してくれます。発火事故を未然に防ぐ役割もあります。

スマホをフッ素コーティングの防湿で耐水性を高めている

製品にフッ素コーティングすることで、製品の質を高めることができます。フッ素の撥水被膜が製品を覆うと、バリアの役目をします。水分や湿度との接触を抑制する防湿や、摩擦の軽減、電子部品に対しては接触不良などのトラブルを事前に回避することも可能です。
普段の生活でフッ素コーティングが使用されている製品は、たくさん見つけることができます。フッ素コートティングは便利でメリットが多いため、離型剤として人気があるからです。フッ素コートによる撥水撥油性や防湿性、非粘着性などの性質を利用した製品は、キッチンにたくさんあります。
フライパンが代表的な調理器具で、調理しやすく片づけも便利になります。フライパンで調理したときにこびりつきにくく、はがれやすいため料理にきれいに焦げ目をつけることができます。調理後は汚れを洗い流しやすく、さびにくくなっています。フッ素コーティングは長持ちするので、繰り返し使用することができます。フライパンは多くの家庭にあり、毎日のように愛用されています。
フッ素コーティングは、スマホにも使われています。フッ素コートにより指紋が付着しにくく、防湿性を高めて内部の基板を強化します。毎日使うものなので、防湿で耐水性を高めています。フッ素コーティングすることによって、安心感も得られるようになります。

スマホなどの精密機械だけでなくさまざまな製品に防水・防湿効果を施すことができるフッ素コーティングは【フロロテクノロジー】で探してみませんか。製品に合ったものを選ぶことができるので、安心して使用することができます。

CHOICES

TOP